卒業生VOICE

  • 沖 都さん
    30歳・主婦
    お子さま:小3長女・小2次女・6歳長男
    東京都
    2014年8月卒

  • 和歌山県から表参道のレッスンに通ってくださったのが沖さん。3人のお子さんのママです。お子さんのお誕生日は、沖さんにとって、他の何にも代え難い大事な日。それを教えてくれたのは、6歳のご長男の存在でした。

「バースデー」というキーワードで、いろいろ情報を探していたら、こちらの協会のFaceBookページに行き当たり、和歌山在住なのですが、即、受講を決めました。

 

というのも、3人の子どもの出産を通じて、「お産」の素晴らしさをほんとうに実感していて。「生まれてきてくれてありがとう」という気持ちを子どもたちに伝えるのに、誕生日ってまたとない機会だと思っていたからです。

 

私の3人目の6歳の男の子は、障害をもって生まれてきました。息子を通じて、生まれることも、生むことも、成長を喜べる事も、決して当たり前ではないのだと知りました。息子は、私たち夫婦よりも先に亡くなる可能性が高いと言われています。だからこそ、今年も1年ぶん大きくなった。今年もお祝いできる。その幸せを噛みしめています。

 

「生まれてきた日のことを1年に1回、思い出すのはとても素敵なこと」というテーマで、バースデープランナーとして活躍できたらいいな、そんなふうに思って受講を決め、短期集中レッスン週末2日間で、資格取得しました。

 

人見知りなので、最初はとにかく緊張していました。表参道みたいなおしゃれな場所で、みなさんパーティー好きで活発な方ばかりだろうな、なじめるかな、楽しめるかなとドキドキでした。

 

でも先生方がとても優しくてあたたかくて、そこで出会ったみなさんと自然につながることができました。卒業デコレーションでは、2人1組になってテーマを相談しながら制作するのですが、それもたいへんいい経験になりました。素敵な出会いに感謝です。勇気をもって一歩踏み出してよかったです。

 

アイテム作品を持って帰ったら、子どもたちに、「ママだけ楽しい事をしてきた! お勉強って言っていたのに!」とうらやましがられました(笑)。ワークしたもので子どもたちが喜んでくれるのも励みになりました。

フェアトレードのイベントを主催されている方から声をかけていただき、ワークショップを開催しました。フェアトレードの布でパーティーグッスをつくるワークショップです。三角に布を切って、リボンを用意して、限定10人。娘2人を助手につけての講師デビューでした。

 

これから、育児サークルを母体にしたワークショップがいくつか予定されています。「バースデープランナーの資格をとった」というと、みなさん「それって何?」と目新しさから興味をもってくれて、和歌山で初、唯一のプランナーということが決め手になって、いろんなお話をいただくようになりました。

 

人とのつながりを持つことって簡単ではないけれど、自分の興味やできることを「資格」というかたちで自己紹介できることで、縁がつながったり、世界が広がっていくことを実感しています。

 

私がレッスンに参加したときも、いろんな目的をもった方がいらっしゃいました。自分の子どものバースデーパーティーのためにという方、保育士の方、独立して何かやりたいと考えている方……。

 

みなさんに共通していたのは、前向きでキラキラしていたこと。レッスンスタジオの雰囲気がそうさせたのかもしれないし、とにかく何か、新しいことに取り組むというワクワクで満ちあふれていました。

 

だから、誰におすすめしたいかというと、何か元気をもらいたい人、新しい世界を体験してみたい人なら、どんな人でも! きっと、楽しめると思います。

 

そして、「バースデープランナー」という資格を持っていることが、ひとつの自信になり、大きく世界が広がると思いますよ!

一覧に戻る
  • ベーシックバースデープランナー
  • 体験レッスン
  • スキルアップレッスン
ページの先頭へ