1975年生まれ 大阪府出身 フロリダアトランティック大学留学を経て関西外語大学英米語学科卒業。大学卒業後の1998年、省庁が運営する特殊法人環境事業団に入社。役員秘書と国際協力関連業務を兼務する。2000年、ニフティ株式会社入社。マーケティング・渉外・IRなどを担当。2005年、長女出産。2007年ベンチャーインキュベーション会社、ngi group株式会社に入社。広報・IR室長を務める。2009年3月退社。同年11月に子育て支援・親支援コミュニティ、株式会社AsMamaを創設し、代表取締役CEOに就任。テレビ出演や新聞・雑誌などメディアでの掲載多数。著書に『ワンコインの子育てシェアが社会を変える!! 』(合同フォレスト刊)がある。2

子どもの預け合いの社会システムを構築した甲田さんに、今後のバースデーパーティーのあり方、バースデープランナーに期待することをお伺いしました。ワクワクする力強いお話に、たくさんパワーをいただきました。

AsMamaとは
AsMamaの子育てシェアは、顔見知り同士で子どもの送迎や託児を頼り合うネットの仕組み。支援の謝礼は1時間500円〜700円で、登録料・手数料は一切かからない。万一の事故のときは、賠償責任保険が適用される(日本初)。周りに頼れる友だちや支援者がいない場合は、託児研修・訓練を受けたAsMama認定の世話役人“ママサポーター”に頼むことができる。2

  • 吉田:甲田さんは、日本バースデープランナー協会の役割が、今後、どのように機能していくといいと思われますか? 

    甲田さん(以下、敬称略):自分の子どもの誕生日を他の人に祝ってもらう機会が今はほとんどないですよね。もったいないです。

    家族以外の人の誕生日を祝うことは素敵なことです。だって、おめでとうっていう場って明るいじゃないですか。

    バースデープランナーって、そういう場を演出できるんですよね。地域の人とつながれるきっかけを創れるって、ほんとうに素敵だと思います。

    吉田:お母さんが地域の中でキラキラしているのは、子どもにとって誇らしいことですよね。尊敬の念が生まれると思います。

    甲田:私もそう思います。お母さんが笑っていて、周りの人も笑っている。そういうのを見て育った子どもが内気になんてなりません。

    地域に知り合いがたくさんいて、何かあったときに駆け込めるところがたくさんあると信じられていたら、孤独を感じたり、自分なんて必要ないと思ったりしないと思います。

    吉田:私が子育てで大事にしているメッセージは、「正論だけを振りかざしてもうまくいかないよ」ということなんです。

    世の中の価値観や感じ方は、すごく多様。だから、どうしても自分の正論と、矛盾が生まれることがあると思うんです。それは、家庭の中だけでは教えられないなと感じます。

    もっとたくさんの価値観の中で、小さい頃から感じ合う機会を増やした方がいいのでしょうね。

    甲田:ほんとうにそのとおりだと思います。私、バースデープランナーがもっともっと増えてほしいと思います。

    特に、専業主婦のママたちは、子どもに対する愛情や思いやりがとても強いんですよね。そういう人たちこそバースデープランナーになって、自分の子どもと同じように地域の子どもも大事にしてほしい。

    そして、そうやって周囲を幸せにしている姿を、自分の子どもに見せてあげてほしいと思います。きっと、「お母さんってすごいな」と誇らしく感じると思います。

     バースデープランナーが増えて、あっちでもこっちでもパーティーをやっているような社会になって、気持ちがへこんだらそこに行って、友だちを作る、気持ちが上がる。

    どこかの子どもが寂しそうだと思ったら、「パーティーに行こうか!」みたいな、楽しみな場所になる。

    そういう地域の集いが増えるように、バースデープランナーを目指す人が増えたらいいなと思います。

    吉田:とっても素敵なビジョンをありがとうございます! そういえば、テレビ番組の『ガイアの夜明け』にAsMamaさんが取り上げられて大反響だったそうですね。

    甲田:サイトにアクセスが集中して、サーバーがダウンし、みなさんにご迷惑をおかけするほどの大反響でした。

    吉田:働く女性を支援する仕組みがAsMamaである、という紹介とともに、ママであること自体が誰かを支援できる仕事になるというところに、女性たち自身が共感したからだと思うんですね。

    働いている、働いていないに関係なく、女性が自信を持てた瞬間だったと思います。

    バースデープランナーを目指すママたちにも、おこがましいかもしれませんが、自信を持ち、もっと輝いた毎日を送っていただけるよう、私もがんばりたいと思いました。

  • 吉田:最後に、バースデープランナーを目指している人たちに向けてメッセージをお願いします。

    甲田:資格を取りに行こうと思った時点で花丸だと思います! 

    だって、新しいスキルを身につけて世の中をハッピーにしたいと思ったわけですから。

    それが仕事になるかどうか、自分に向いているか向いていないかよりも、資格を取ろうと思った時点で花丸なんです。

    スキルのないお母さんより、スキルも友だちもいるお母さんをリスペクトするのが子どもです。だから、資格を取ろうと思えた自分にまず花丸と思って、子どもの笑顔を思い浮かべながら学びの時間を堪能してください。

    吉田:卒業生のみなさんには、バースデープランナー資格の認定証をお渡ししているんですが、みなさん、「こんなに立派なものがいただけるなんて」と本当に嬉しそうで。

    家庭に入ると、自分を証明するものが運転免許証以外にないんです、とおっしゃいます。みなさんそれぞれ、ほんとうに素敵なのに、じつは自信を持つことができないでいるのかもしれない、と実感しました。

    甲田:バースデープランナーの資格は、自分の付加価値を高めてくれるもので、お母さんにとって名刺なんですね。

    今はまだあまり知られていない資格なので、パイオニア的な立ち位置でもあり、変わったことがしてみたい、人とは違うハッピーな仕事がしたい人に向いていると思います。

    吉田:そうですね。レッスンにいらっしゃる方はホスピタリティの高い方や、人の喜ぶ顔を思い浮かべながらやりたいという方が多く、資格認定されてからもスキルアップを目指して通い続けたいとおっしゃいます。

     今後は、卒業生同士のパーティーイベントや月ごとのイベントを企画して、そこでもAsMamaさんと一緒にできたら楽しいなと思っています。

    甲田:いいですね! ぜひやりましょう!

    吉田:きょうは、たくさんの元気をいただけました。楽しい時間をありがとうございました。

連載一覧

ページの先頭へ